腰痛・肩こり解消率地域No.1! アトラス西宮カイロプラクティック

2013_8_6f 変形性膝関節症は、老化により膝の関節が変形して痛みが出る症状の総称です。変形性膝関節症は、老化と共に膝の軟骨が擦り減って軟骨の厚みが減ってくるため、膝の安定性が悪くなることで起こります。安定性を保つために骨棘と呼ばれる石灰の棘が形成されます。その棘が神経を圧迫し痛みを出したり、関節包と呼ばれる関節を包んでいる袋を刺激し膝に水が溜まったりすることがあります。また軟骨の厚さが減少したことにより、軟骨と骨の間にある神経が剥き出しになり、激しい痛みの原因になることもあります。
 アトラス西宮カイロプラクティックでは、圧迫から来る痛みを軽減する施術を行い、膝の安定性を保ち、再発を防止するため筋肉のリハビリにより膝を安定させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*